資格をとろう

最近人気の資格に心理カウンセラーがあります。「どんな資格なの?」という初心者のあなたに向けて、心理カウンセラーの資格や役割について紹介しています。カウンセラーの仕事が気になるあなたは参考にしてみてください。あなたの力が悩める人を救うかもしれませんよ。まずは、心理学の基礎から勉強できる資格を取得しましょう。

心理カウンセラーの資格徹底比較!

心理カウンセラー

心理カウンセラーは人間関係や生き辛さなどあらゆることを対象とした資格です。親子関係や不登校など、あらゆることに精通している必要があります。

産業カウンセラー

カウンセラーの中でも、職場の悩みに特化したカウンセラーです。相談の内容によっては職場以外のことも相談に乗ることがあります。

心理カウンセリング

心理カウンセラーとは

相談者の悩みにカウンセリングを行って、最終的に自立していけるようにするのが心理カウンセラーの仕事です。カウンセラーとは言っても、専門分野が細かく分かれていて、カウンセリングルームや電話相談等で心の病やストレスを感じた人の相談にのる一般的な心理カウンセラーの他にも、学校生活の悩みを専門にしたスクールカウンセラーや、会社や社会的なストレスを相談できる産業カウンセラーなど様々な分野があります。心理学を勉強することが初めてなのであれば、まずは一般的な心理カウンセラーの資格の取得を目指すのがおすすめです。

心理カウンセラーの給料はどのくらい?

心理カウンセラーの平均年収は400万円前後と言われています。しかし、働く場所でも給与は違ってきます。まず、心療内科等で行うカウンセラーは400万円ほどです。スクールカウンセラーとなると少し下がって350万円ほどです。また、大学院でしか取得できない臨床心理士の資格を持っていると420万円ほどです。他にも企業にカウンセラーを置く場合がありますが、その場合の給与はかなり幅があります。また、公務員での心理職の場合は年収が上がります。

カウンセリングの役割

カウンセラーになる前にカウンセリングの役割について知っておきましょう。人間というのは悩むのが当たり前です。しかし、身の回りの人に相談するのは気が引けるという軽い悩み相談でも利用できるのがカウンセリングです。カウンセリングというと重たい相談をイメージする人が多いようですが、アメリカ等ではカウンセリングに行くのは普通で、特別なことではないそうです。友達や家族に相談するのと違って、悩みの専門家であるカウンセラーに話を聞いてもらうことで、自分での解決に向かっていく為のものなのです。

自分でも受けてみよう

心理カウンセラーの資格を取得したいと考えているなら、自分でもカウンセリングを受けてみることをおすすめします。心のメンテナンスとして、カウンセリングを受けることで、職業になった時にもイメージが持ちやすくなるからです。

広告募集中