HOME>オススメ情報>【解答速報の利用が得策】税理士試験情報!

税理士になろう

どんな仕事なのか、どのように資格を取るのかあまり知られていない税理士ですが、実は収入が安定しており、転職しやすいなどメリットの多い資格です。長期的な視野をもってじっくり目指すことのできる資格なので、コツコツ努力ができるあなたにおすすめです。税理士のメリットを始め、税理士になる方法もまとめているのでご覧ください。

税理士になるメリット

  • 専門性が高い
  • 収入が安定している
  • 独立開業がしやすい
  • 年齢に関わらず転職しやすい
  • 社会的信用度が高い

税理士になる方法

計算

税理士になる方法は3つあります。まず、1つ目は税理士試験に合格することです。年1回税理士試験は実施されており、税理士試験に合格した後にも、実務経験を2年以上積む必要があります。2つ目の方法は、弁護士と公認会計士の資格を取得することです。弁護士や公認会計士の資格を取得すると税理士としても登録することが可能になります。ですが、あまり現実的とは言えない方法と言えます。3つ目は税務署等の機関で23年以上働くという方法です。こちらもこれから目指す人におすすめできる方法とは言えません。ですので、税理士をしたいと考える人は多くが1つ目の税理士試験を目指しています。

受験資格について

電卓を持つ人

税理士試験は受験資格があります。誰でも簡単に受けられる資格ではありません。条件のどれかに該当しなければ受けることすら出来ないのです。1つ目は、経済学や法律学を大学や短大で履修していること。1科目以上履修という条件があるので、必ずしも経済学部や法学部でなくても構いません。2つ目は、2年以上で、総時間数が1700時間以上の専門学校で、経済学や法律学を履修していることです。3つ目は、簿記検定1級、もしくは全経簿記検定に合格していること。4つ目は実務経験が2年以上あることです。これらの条件の中で一つでも当てはまれば、受験することができます。

長期的な視野で目指そう

計算

税理士の資格は1年で取得できるものではありません。十分に時間の取れる人であっても2~3年かかるのが普通ですので、長期的な視野を持って目指しましょう。働きながら目指す場合にはもっと時間がかかる事を考えて、よく計画するようにしましょう。解答速報などを利用すると勉強範囲を絞ることができるので、便利です。

広告募集中