HOME>トピックス>【子供に関わる仕事】保育士は大学に行って資格取得が吉

目次

保育士と幼稚園教諭の違い

保育士と幼稚園教諭は似ていますが、資格は明確に違い、働く場所により必要な資格も変わります。そして、管轄している省庁も違うのです。保育士は厚生労働省管轄で、0歳から小学校就学前までが対象です。幼稚園教諭の場合は文部科学省管轄で、満3歳から小学校就学前が対象です。ですから、担当する年齢にも違いがあるのです。他にも細かな違いがありますが、保育園や幼稚園は個々の違いも大きいので、一概に保育士と幼稚園教諭の違いを表しにくいのが現状です。

大学ではどっちを取ればいいの?

全く違う資格とは言っても、乳幼児の育ちを支えるという点では共通点も多く、資格を取得するための科目にも共通しているものが多いので、どちらも取得できる大学が多いです。どちらで働くか迷っているなら両方取得することをおすすめします。

保育士で働ける場所

保育士の資格を持っていると保育園以外でも働くことができます。まずは、児童館です。小学生時代に通っていたという人もいると思いますが、保育士で働くことのできる場所の一つです。子どもたちに遊びの場を提供し、安全を見守る仕事です。また、児童養護施設でも働くことができます。親に虐待を受けた子供や親が病気等の理由で育てることができない子供が生活する場所です。また、知的障害児施設など、障害をもった子供の為に働くこともできます。

給料面が気になるなら大学進学

保育士というと、給料が少ないということが巷で話題になっていますね。もし、給料面が気になって保育士をするか迷っているなら、大学進学がおすすめです。初任給から、大学卒業と短大卒業は違います。また、大学はゆっくり進路について考える時間があるので、自分に合った保育園を探すこともできますよ。

広告募集中